スポンサードリンク

スポンサーサイト

スポンサードリンク

畳の効能

住宅で用いられる畳は日本独自の床材です。日本人のDNAには畳の部屋の心地よさが刻み込まれていると思います。最近の住宅において畳のない住宅もあったりしますが、やはり畳のある空間というのは落ち着くのではないでしょうか。この畳があることによるくつろぎ感覚は畳自体が有している効能によるものではないでしょうか。畳には空気を浄化する作用や住宅内の湿度を調整する効果があります。和室に入るとすがすがしい気持ちがす...
スポンサードリンク

新築にはオーダーメードキッチンを

新築住宅においてキッチンというのは料理を作る人の憧れの部屋であるべきです。そのようなキッチンルームにはシステムキッチンなどをキッチンメーカーのショールームやカタログなどでいろいろとシュミレーションすることでしょう。システムキッチンの種類はとても多く万人に対応できるくらいに思えます。また、システムキッチンはオーダーでさまざまな組み合わせが可能となってます。しかし、やはりシステムキッチンは量産品である...
スポンサードリンク

テラコッタタイルをキッチンに

テラコッタタイルとは素焼き風のタイルで見た目は素焼きの鉢物のような感じの風合いがあるタイルのことです。そのテラコッタタイルをキッチンの床に使用してみませんか。タイルの性質上環境に影響を受けることが少なく水分や汚れの付着に強い性格を持っています。テラコッタタイルは温かみがある風合いですので、キッチンの床に貼ることで部屋の雰囲気が全体的に温かみのある感じになります。また、テラコッタタイルは肌触りも良い...
スポンサードリンク

CF(クッションフロア)の用い方

クッションフロアとは弾力性のあるビニール製の床用の材料です。このCFの特徴はビニールの性質上水分を通すことがありません。このようなことからCFは住宅の水周りによく使用されます。CFの柄の種類はとても多くまた、木質系のフローリングのような柄のCFもあることから洗面所やトイレなど住宅内で水気のある場所でも木質系のフローリングを使用したい人にも対応しています。しかしCFも正しい使用方法をしなければ返って...
スポンサードリンク

桧フローリングの住宅

住宅のフローリングも壁紙同様、種類が多く選択するのに頭を悩ます人も多いのではないでしょうか。複合フローリングにするか無垢材フローリングにするかだけでも住宅の雰囲気がぜんぜん変わってきます。本物志向の人はやはり無垢材のフローリングを求める人が多いようです。無垢材のフローリングは複合フローリングに比べて多少値段が高くなってしまいますが、無垢材のフローリングは耐久性の高さや同じものが2つとないことなどが...
スポンサードリンク

カウンター材に適した材料

住宅のうち対面式キッチンなどにはカウンター材を良く使用します。カウンター材とはちょっとしたテーブルのような感じで使用する材料です。このカウンター材にはさまざま種類の木材があります。カウンターには食器など表面が傷つきやすいものを置くことが多いためにカウンター材は傷に強い材料を選択したいものです。最近では値段の安さや見た目が優しい感じがするパイン材のカウンター材が使用されることが多くなってきました。し...
スポンサードリンク

天井にも羽目板を使いませんか

羽目板は住宅では通常壁用に用いることが多いのですが、この羽目板を住宅の天井にも用いてみませんか。住宅の天井に羽目板を用いることで天井面もさまざまな柄のレイアウトになり飽きがきません。このときに住宅の構造用の梁を見せるような設計にすることで羽目板の木目と梁の木目が混ざってとても感じの良い天井になります。このときに注意しなければならないのが木材の乾燥による収縮です。いかに住宅に用いる構造材が乾燥材とは...
スポンサードリンク

内装壁に羽目板を使いませんか

住宅の壁や天井などに用いる羽目板という材料をご存知ですか。羽目板とは【はめいた】と読みます。羽目板とは杉や桧など木材を【合いじゃくり】や【実加工】してはめ込んでいく材料のことです。住宅に用いられる羽目板は節のある材料と節の無い材料とがあります。もちろん節が無い材料を用いた羽目板は値段が高くなります。以前は住宅の内部に用いる材料は節の無い材料を使うのが一般的でしたが、最近の住宅では節のある材料を用い...
スポンサードリンク

化粧梁のある家

最近の住宅は杓子定規で図ったような決まり決まったつくりの住宅が少なくなってきました。住宅自体が個性を持ってきてます。また、以前ではあまり住宅では用いなかったような材料を使用したり、部屋の空間設計も変わってきています。その一つに構造用の梁を見せる住宅が多くなってきました。昔の古民家などのように部屋に天井を設けなかった住宅では構造用の部材を見せるつくりはありましたが、その後の住宅には普通に天井を貼る家...
スポンサードリンク

勾配天井で広々空間

吹き抜けのある住宅を作るときに少しでも天井を高くする方法の一つとして、屋根なりの勾配天井を作ることをお勧めします。勾配天井は屋根下地をそのまま天井にする方法と、構造用の登り梁を化粧材として見せる作りにする方法、または屋根面より数10cm空間を設ける方法があります。屋根に用いる板(化粧野地板)をそのまま天井面にする方法は天井を作る手間は減らせますが断熱効果を得るために2重屋根にする(化粧野地板の上に垂木...
スポンサードリンク

合掌作りの家

合掌つくりの家と聞いてあなたはどのような住宅を思い浮かべますか。合掌作りというと石川県の白川郷の合掌つくりの古民家の集落を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。最近の新築住宅で藁(わら)葺き屋根の家はありませんが、合掌つくりの家はたまに見かけます。ここで言う合掌つくりの住宅というのは、小屋組の構造の話です。通常の住宅の場合2階の梁の上に小屋束を建ててその上に母屋を乗せて屋根下地を作りますが、合...
スポンサードリンク

ピアノによる騒音防止

新築住宅にピアノはとても似合います。最近の家族構成は子供が1人か2人というご家庭が多くなってきていますよね。それにともなって、子供への教育費や習い事に関するお金の使い方も以前からすると多くなってきています。ピアノを習っているお子さんも多いことでしょう。しかし、ピアノのような楽器は結構音が大きく近所迷惑になることがあります。プロのピアニストが引いても興味がない人が聞けば騒音になりえます。このようなこ...
スポンサードリンク

オーディオルームを作るには

新築住宅で大音響で音楽を聴いてみたいと思う人も少なくないのではないでしょうか。いいオーディオシステムを持っていながら今までは賃貸で暮らしていたためにその性能を十分生かしきれなくてじれったい思いをした人も多いことでしょう。そこで新築住宅を建てたときにはオーディオルームを作ってみませんか。1戸建て住宅の場合ある程度隣の家と距離があるために遮音効果は望めるのですが、やはり大音響で音楽を聴くとなるとそれな...
スポンサードリンク

ホームシアターをあなたの家に

あなたは映画好きですか。映画館のあの迫力をあなたのマイホームにもほしいと思ったことがあるのではないですか。賃貸マンションやアパートなどではどうしても音量などが気になって本格的な音響の効いたサラウンドを堪能することが出来ずにいるのではないでしょうか。そこで新築住宅にシアタールームを作ってみませんか。住宅密集地であれば音漏れに気を使った部屋にしなければならないですが、隣の住宅と少し距離があるような住宅...
スポンサードリンク

地下室のある家

住宅地が狭い場合上に居住スペースを作るか下に居住スペースを設けるしかないですよね。そこで今回は地下室について紹介したいと思います。地下室の魅力は遮音性と温度変化の少ないことです。このようなことから趣味の部屋として、オーディオルームやシアタールームまたはピアノ室など屋外に音が漏れるのを防ぐ部屋としても役割を持たせるにはもってこいの部屋といえるのが地下室でしょう。しかし地下室を設置するには特殊な工事が...
スポンサードリンク

車庫付き住宅の魅力

車は日差しの下に置いてあるといかに良い塗装を施した車でも色あせや劣化が進みます。そこで車庫付き住宅を作ってみませんか。車庫付き住宅は車庫部分は延べ床面積の1/5までは容積率に算入されないという特典もありますので、ちょっとした物置をかねて車庫付き住宅を作ることをお勧めします。また、車庫に必要なシャッターなども車好きの方ならばギャラリーのように見せるタイプのシャッターにするのも一つの方法です。また、雨降...
スポンサードリンク

ベランダに植栽を

市街地の住宅地の場合あまり広い土地を求めることはできませんよね。先祖代々の土地があるのでは別ですが。しかし一戸建て住宅を持ったら小さくても庭がほしくないですか。庭に出て少しくつろぐだけでも日ごろの喧騒を忘れることができます。けど、狭小地において、庭など設けることが難しい人もいることでしょう。そこで2階のベランダにちょっとした庭を設けてみませんか。本格的に庭木を植えるには木造住宅の場合どうしても強度...
スポンサードリンク

コートハウスの魅力

コートハウスという言葉を聴いたことのある人は少ないのではないでしょうか。コートハウスとは裁判所などのように外部から除くことができないような家のつくりをした住宅のことです。コートハウスは四方もしくは道路などに面した面から屋内を見せないような家の作りになっています。このことから、庭などを外部に設けるのではなく屋内側に中庭などを設けてその中庭をプライベート空間とします。中庭からの採光や通気を考えるならば...
スポンサードリンク

壁からの雨漏れ原因

住宅の壁は毎日風雨にさらされています。このことでわれわれは雨に濡れることなく生活できているわけですが、もし壁から雨水が浸入した場合壁の中に入っている断熱材などをぬらしてしまうことが大いに考えられます。もし、壁内の断熱材(特に鉱物系断熱材といわれるグラスウールやロックウールなど)に雨水が浸入した場合乾燥するには相当な日数がかかり、乾くまでの間にプラスターボードなどが湿ってカビが発生することがあります...
スポンサードリンク

洗い出しで純和風の家作り

住宅の外壁で用いられる壁の中で洗い出しという技法をご存知でしょうか。洗い出しとは塗り壁の一種で小さな小石(約2~5mm程度)をモルタルと一緒に塗りこんである程度表面が乾いたら、細かい霧で表面のモルタルを洗い流し、小石を壁表面に現す技法なのです。この洗い出しの壁は特殊な技術が必要となるために、高級な仕事と位置づけられています。そのような洗い出しの住宅はやはり、純和風住宅の入母屋屋根の住宅にとても似合い...
スポンサードリンク

建築設計事務所で住宅を作るということ

マイホームを建てるときにはさまざまな建築会社があり選択に迷ってしまいます。しかし、その中でも建築設計事務所に住宅の設計施工を依頼するということを選択する人も少なくありません。建築設計事務所はまず普通の一般住宅を立てることはありません。といっても奇抜な住宅を作るということではなく、ハウスメーカーなどのようにある程度同じような住宅を建てるのでなく、一風見た目や内部の仕様が違った住宅つくりを建築設計事務...
スポンサードリンク

スタイリッシュな片流れの屋根

最近の住宅は片流れ屋根が多くなってきましたよね。ちょっと前までは片流れ屋根は工場や倉庫などに多く見かけられた屋根だったのですが、最近では一般住宅でも方流れ屋根が多くなってきました。これは住宅を建てる人のニーズが変わってきたためと、片流れ屋根のスタイリッシュな風貌が人気を集めてきたためではないでしょうか。せっかく建てるマイホームならばお隣さんとはちょっと違った個性豊かな住宅にしたいと思うのが人情でし...
スポンサードリンク

瓦屋根の豪華さ

日本の住宅、特に和風建築には瓦屋根がとても似合います。瓦屋根の種類は多く地方ごとにかわらの種類があるといっても過言ではありません。その中でも最近は陶器瓦と、セメント瓦の2種類が多いようです。陶器瓦は名前のとおり焼き物の瓦です。素焼きの瓦もあれば釉薬といって、食器などに使用される艶のある仕上げの瓦もあります。セメント瓦とは材料にセメントを使用した瓦です。セメント瓦の特徴は値段が安く品質にあまりばらつ...
スポンサードリンク

トイレ掃除の重要性

住宅を作るときに間取りを考えますよね。しかし、トイレをどこにおくか考えて間取りの設計をしていますか。どちらかというと余った空間にトイレを設置してしまいがちです。しかし、トイレはとても大切な空間です。昔のように汲み取り式のトイレであれば長居をするのもはばかられるでしょうが、現在のトイレは極端な例で言えば自分ひとりの癒しの空間にさえなっている人もいるでしょう。トイレの中で考え事をしたり、読書をしたり、...
スポンサードリンク

鋼製束によるメンテナンス性向上

一般住宅の地束は以前は木材を使用していました。いわゆる木束と呼ばれるものです。しかし、最近では鋼製束と呼ばれる金属製の束を使用することが多くなりました。この鋼製束はタンパックルと呼ばれる方式のつくりで束内に内蔵されたボルトの長さを調整することで地面と大引きや土台の高さを調整するものです。この鋼製束の固定方法は底部の金属面に接着剤とコンクリート釘を打ち付けて固定して、大引きや土台にはビスで本体を固定...
スポンサードリンク

蒔きストーブある家

住宅用の蒔きストーブの暖かさをあなたは経験したことがありますか。石油ストーブとは違う温もりのある暖かさは蒔きストーブならではの暖房効果です。蒔きストーブの熱源はもちろん蒔きです。蒔きになる木材は本来は樫やクヌギなどの雑木が一番良いのですが、そのような木はなかなか見つけることはできなくなって着ました。もし見つけても蒔き用に使うことなどはなかなかないのではないでしょうか。そのようなときに蒔きとして、建...
スポンサードリンク

高断熱・高気密の住宅について

日本の住宅はもともと夏の暑さをどのように凌ぐかを旨として建てられてきました。もちろん北海道などの寒い地区は別ですが、東北地方といえども夏は暑いものです。昔の日本の住居はお世辞にも気密性のよい住宅ではなかったのです。冬でも隙間風が容易に入ってくるのが日本の古来の木造住宅だったのです。逆にこの隙間風が入ってくるような住宅であったことから、住宅自体が常時乾燥していることが可能となっていたのです。このよう...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。