スポンサードリンク

スポンサーサイト

スポンサードリンク

マイホーム購入時の諸費用

新築住宅を建てた場合住宅の購入費のほかに諸費用が必要になることをご存知でしょうか。また、住宅購入に関する諸費用にはどのようなものがあるかご存知でしょうか。新築住宅を建てる場合たいていの人は住宅ローンで住宅を購入すると思います。住宅ローンの借り入れをするときには住宅ローン会社ごとに事務手数料が発生します。住宅ローンの事務手数料は複数の会社から住宅ローンの借り入れを行えばその数だけ事務手数料が発生しま...
スポンサードリンク

住宅ローンの頭金を上手に貯める方法

住宅を建てるには頭金(自己資金)が必要です。住宅購入用の自己資金は住宅ローンの支払いまでに必要となる諸費用や住宅ローンの毎月の返済金額を少なくするために必要となります。もし住宅ローンの自己資金がない場合住宅ローン返済が滞るような事態が発生した場合最悪夢のマイホームを手放さなければならないこともありえます。自己資金は住宅ローンの補助的に蓄えておくと考えておかなければなりません。しかし、自己資金を急に...
スポンサードリンク

住宅ローンはボーナス併用に頼らない

住宅ローンなどの高額ローンを借り入れる場合どうしても会社員の場合ボーナス併用の住宅ローン返済をすると思います。しかし、これから先ボーナスが出るかわからない場合ボーナス併用の住宅ローンを組むことは得策ではありません。公務員であってもどのようなことがあって退職を余儀なくされるかもしれない世の中ですので、取らぬ狸の皮算用で返済できるほど住宅ローンの返済は甘くありません。そのためにボーナス併用の住宅ローン...
スポンサードリンク

住宅ローンと教育費

住宅ローンを組むときに注意が必要なのが子供の教育費です。住宅を建てるときに子供が巣立った後であれば教育費を考えなくても良いのですが、住宅を建てる人の多くが子育て世代である事実を考えると教育費用を無視することはできません。公立の学校をストレートに卒業する場合にかかる平均的な教育費用は軽く1000万円をオーバーしてしまいます。お子さんが2人いたら単純にその倍です。この教育費には塾や習い事の費用も含まれます...
スポンサードリンク

低金利住宅ローンの落とし穴

住宅ローンについてあまり知らないまま住宅ローンを組む人が近年増えています。これは住宅メーカーの営業担当者の言うことを鵜呑みにしてしまって比較検討していないためです。「住宅が欲しい」という欲求が強いためにこのような結果になっているのではないでしょうか。綿密な計画を立てるよりも、その家を購入して、住んでいる自分の姿を想像すると、多少無理があっても住宅メーカーの担当者から「大丈夫」といわれると「大丈夫だ...
スポンサードリンク

住宅ローンを組むときの注意点

現在の日本において従来のように安定した給料がもらえる保証はありません。そのために住宅ローンを組むときは給料が安定的に得られる保証はないという前提で資金計画を立てる必要があります。そこで住宅ローンの借り入れのリスクを最小化するための注意点を紹介します。金利上昇のリスク「賃貸マンションの家賃並みの支払いで持ち家が購入できます」といったコピーを目することも多いでしょう。しかしこのようなうたい文句を見てあ...
スポンサードリンク

住宅ローンの返済期間は短めに

最近は住宅ローン返済の長期返済が主流になってきてます。たとえばフラット35などよい例でしょう。しかし、35年ローンとは本当に長い住宅ローンができたものだと思います。これは日本の住宅事情を考えれば納得できすが、25歳までに家を建てなければ60歳までに住宅ローンを完済できないということを意味します。今まで生きてきた人生よりも長く住宅ローンを払い続けなければならないという悲しい現実が待っています。確かに長期住宅...
スポンサードリンク

変動金利型住宅ローンの恐怖

住宅ローンを利用する人の中には変動金利型の住宅ローンを借りる人が多いと思いことでしょう。変動金利型住宅ローンは超低金利が続いている現在の日本では、とても安い金利で住宅ローンを利用することができます。しかし、変動金利型ということは金利の変動によって住宅ローンの返済額が変わってしまうということです。微々たる(0.数%程度)の変化であっても確実に住宅ローンの返済額は変わってきます。もし、数%の金利変動が...
スポンサードリンク

住宅ローン収入合算という手

住宅ローンの借入をいざ融資機関に申請しようとしたら、収入が足りずに融資ができないということが起こる場合があります。住宅ローンの融資額は申請者の収入によって決まりますので、もし低所得だった場合には住宅ローンの借り入れができない場合があります。このようなときに有効な手段が収入合算という方法です。収入合算なら、申込人の収入に同居人または同居予定の人のどちらか1人の収入を合算して、住宅ローンを申請できるた...
スポンサードリンク

住宅ローン返済はどちらにしますか

住宅ローンの返済方法には元利金等返済と元金均等返済の2つがあることはご存知だと思います。そこで住宅ローンの返済は元利金等返済と元金均等返済のどちらがお得か考えて見る必要があります。当然のように元利金等返済型住宅ローンと元金均等返済型住宅ローンの支払総額でいうと元金均等返済型住宅ローンの方が返済金額は少ないです。しかし、【元金均等返済型住宅ローンは元利金等返済型住宅ローンに比べるとはじめの返済額が多...
スポンサードリンク

住宅ローンは固定金利型か変動金利型か

住宅ローンの金利設定には固定金利型住宅ローンと変動金利型住宅ローンの2種類があります。固定金利型住宅ローン変動金利型住宅ローン】のどちらにもよい面、悪い面があります。そこで固定金利型住宅ローン変動金利型住宅ローンのよい面と悪い面を検討してみましょう。変動金利型住宅ローンのよい面は5年間の毎月の住宅ローン返済額が変わらず6年目の新住宅ローン返済額も旧住宅ローン返済額の1.25倍が上限となるため、大幅な住...
スポンサードリンク

住宅ローン金利について

住宅ローンの金利のタイプには、固定型金利、変動型金利、固定期間選択型金利の3つ住宅ローンがあります。それぞれの住宅ローン金利の特長とメリット・デメリットを紹介します。1.固定型金利住宅ローンを組む際の最初に決められた金利が住宅ローン支払いの最後まで続きます。全期間住宅ローンの金利が変わらない長期固定型と、11年目に金利がアップする段階金利型の住宅ローンがあります。金利が固定であるため、低金利時に住宅...
スポンサードリンク

住宅ローンの種類

住宅ローンの種類は、大きく分けると民間金融機関と公庫融資(住宅金融支援機構)の2つに分けることができます。民間ローンの代表は都市銀行が取り扱っている住宅ローンですが、地方銀行や信託銀行さらには農協などのノンバンクの金融機関でも住宅ローンを取り扱っており選択肢が広いのが特徴です。しかし、各金融機関の融資条件はそれぞれ定められており担保となる物件や借りる人の年収や勤務状況などを総合的に判断して融資する...
スポンサードリンク

住宅資金援助の受け方(2)

前回に引き続き住宅購入用の資金援助の方法について紹介していきます。今回は残りの2つを紹介します。2.住宅購入時に親に共同出資者になってもらう(共有名義)親から住宅資金を借金しても返済の自信がない人や、贈与税の各種特例(後述)限度額を超えて多額の住宅資金援助を受ける場合には、親子で住宅購入を共有名義にする方法があります。共有とは、親子それぞれの出資割合に応じて住宅の名義を共同所有すること。親と子の両...
スポンサードリンク

住宅資金援助の受け方(1)

住宅ローンの毎月の負担を少なくするためにも、住宅購入資金のうち頭金は少しでも多い方がよいです。しかし、頭金の捻出することは容易ではありません。ひと口に住宅購入用の頭金といっても、住宅購入ではその金額が数百万円になります。このような高額な金額を間単に用意できる人は限られるでしょう。しかし、【頭金】がなくて住宅が購入できないのでは悔いが残ります。所得が少ない人や、収入があってもそれ以上に支出が多い人は...
スポンサードリンク

資金計画は中長期的なマネープランで

住宅ローンのうち「借りられる額」とは、住宅ローンの融資条件ならびに住宅ローン借り入れ希望者の返済能力に応じて各金融機関があなたに住宅ローンを融資する上限額を意味します。別の言い方をすると、住宅ローン返済が滞った場合に担保物件(マイホーム)を売却し、銀行が資金回収できる予想値と言い換えることができます。金融機関が、いかに損失を出さないで融資できるかを念頭に置き、貸出額を算出しているかが分かってもらえ...
スポンサードリンク

現在の家計における支払・貯蓄状況の確認

今回は現在の支払・貯蓄状況の確認について説明していきます。exp)家賃月額8万円、駐車場代月額1万円、年間貯蓄額50万円の場合を例にして、実際に計算をしてみます。○賃貸住居費(年間):96万円(家賃月額8万円×12ヶ月)○駐車場代:(年間):12万円(駐車場代月額1万円×12ヶ月)○過去1年間の貯蓄額:50万円「過去1年間の貯蓄額」は、住宅購入のために積み立てをした金額と、別途自分で貯蓄・運用により貯めた金額をあわせた額と...
スポンサードリンク

住宅ローンの賢い組み方

住宅を購入するときは、全てが初めてという人が多いのではないでしょうか。住宅購入は何千万円という非日常的な買い物です。さらに住宅購入は何千万円という多額の借入をすることになります。住宅を購入するとき、その住宅ローン支払いに関する不安感は当然あるはずです。逆に言えば、何千万円もの借入をキャッシングする感覚の方が異常と言えるのではないでしょうか。住宅を購入する時は5つのステップの「資金計画」からスタート...
スポンサードリンク

住宅ローンの消費税について

税率アップによる住宅ローンへの影響を考えたことはありますか。消費税が上がると住宅ローンへも影響ももちろん発生します。そこで「住宅と消費税」の関係を整理するひつようがあります。消費税とは、製品や商品の販売、あるいはサービス提供などの取引に対して課される『間接税』のことですので、「土地」には消費税がかかりません。住宅購入に関するすべてが課税対象になるわけではないのです。住宅地である土地については“消費”...
スポンサードリンク

住宅ローン公的融資と民間融資

住宅ローンを扱っている金融機関は実に様々な機関があります。住宅ローンを取り扱っているのは大別すると公的融資と民間融資になります。公的融資は住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)、財形住宅融資、年金住宅融資、自治体の融資に分けることができます。民間融資は銀行、信用金庫、信用組合、生命保険会社、労働金庫、農協、各企業による持ち家制度などがあります。現在の住宅ローンの融資額や、金利についてはどこで借りてもそ...
スポンサードリンク

フラット35の魅力

住宅ローンのうち住宅金融支援機構の住宅ローンであるフラット35の特徴をまず述べておきましょう。フラット35は民間金融機関と住宅金融公庫が提携したことで実現した長期固定金利の住宅ローンなのです。主に短期の資金で資金調達を行う銀行などの民間金融機関は、長期固定金利の住宅ローンを取り扱うことが難しいのが本音です。そこで、住宅金融公庫は、フラット35を取り扱っている民間金融機関から住宅ローン(フラット35...
スポンサードリンク

屋根裏の活用方法

住宅を作ったら住宅のいたるところを利用したくなるのが人の性でしょう。その中でもあまり利用されないのが屋根裏収納ではないでしょうか。屋根裏は屋根の形状にもよりますが、結構広く利用することが可能です。しかし、法規制で高さ1.4m以上になると床面積に含まれるためにそれ以下の高さにしなければなりません。また、下床面積の1/8以内の広さを超えても床面積に含まれるなどの制限がありますが、あまり使わないけれども捨てる...
スポンサードリンク

押入れの湿気対策

住宅の押入れは布団などを収納するためにどうしても湿気がこもりやすい場所です。住宅全体で見れば押入れの割合は少ないのですが、湿度の高さでいえば住宅内で浴室、洗面所についで多いのではないでしょうか。押入れは住宅のほかの部屋の用に換気するための窓や換気扇がありません。このことにより押入れの使用方法によってはどうしてもカビが発生してしまいます。特に押入れにビニールクロスなどを貼ってしまうと壁からの湿気吸収...
スポンサードリンク

イペ材を使って見ませんか

イペ材という木材を聞いたことがありますか。イペ材とは南米産の硬木で耐水性や耐腐食性に優れた材料で日本では主にウッドデッキなど屋外で使用する木材として有名になりました。イペ材は公共施設などの海岸などのデッキとしても使用されることから、耐久性のよさはお墨つきです。住宅に作るウッドデッキなどで使用されるイペ材のとめ方はステンレスビスを使用することが多いのですが、イペ材はとても硬く下穴(ビスを通す穴)をあ...
スポンサードリンク

SPF材を利用した住宅作り

最近の住宅ではSPF材と呼ばれる木材をよく使用するようになって来ました。SPF材というのはもともと2×4工法住宅で用いられていたカナダ産の木材の総称です。Sはスプルース(Spruce、米トウヒ)、Pはパイン(Pine、マツ類)、Fはファー(Fir、モミ類)です。SPF材は加工がしやすく規格寸法で工場出荷するために安定供給することが出来ます。最近ではSPF材を2×4工法住宅だけではなく在来工法にも部分的に取り入れた住...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。