スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/27-95730399

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スポンサードリンク

勾配天井で広々空間

吹き抜けのある住宅を作るときに少しでも天井を高くする方法の一つとして、屋根なりの勾配天井を作ることをお勧めします。
勾配天井は屋根下地をそのまま天井にする方法と、構造用の登り梁を化粧材として見せる作りにする方法、または屋根面より数10cm空間を設ける方法があります。
屋根に用いる板(化粧野地板)をそのまま天井面にする方法は天井を作る手間は減らせますが断熱効果を得るために2重屋根にする(化粧野地板の上に垂木を打ちその間に断熱材を入れその上に野地板を張り屋根材を施工する方法)必要がありますので、若干コストが上がります。
登り梁を化粧材として用いる天井は登り梁を垂木のように一定間隔(50cmから1m間隔)で入れることにより意匠性を高めることが出来ます。
このように勾配天井にすることで広々とした空間を得ることが可能となります。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/27-95730399

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。