スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/47-298ca706

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅購入3倍お得情報サイトトップ >住宅ローン >>住宅資金援助の受け方(1)
スポンサードリンク

住宅資金援助の受け方(1)

住宅ローンの毎月の負担を少なくするためにも、住宅購入資金のうち頭金は少しでも多い方がよいです。しかし、頭金の捻出することは容易ではありません。ひと口に住宅購入用の頭金といっても、住宅購入ではその金額が数百万円になります。このような高額な金額を間単に用意できる人は限られるでしょう。しかし、【頭金】がなくて住宅が購入できないのでは悔いが残ります。所得が少ない人や、収入があってもそれ以上に支出が多い人は一生賃貸生活をしなければならなくなってしまいます。
そこで、自分達だけでは住宅ローンの頭金が必要額に満たないけれど、親から住宅購入用の資金援助が期待できる人は、思い切って住宅購入費用の資金援助を受けましょう。そこで上手な資金援助の受ける3つの方法を紹介しましょう。
1.借用書を作成する。
親か住宅資金を借金するという、いたって単純な話なのですが、注意しなければいけない点があります。「借りている」という事実を対外的に証明するために住宅資金の借用書を作成する必要があるのです。
口約束だけの借金では住宅購入用の贈与と見なされることがあります。そこで、住宅購入用の借入金額や借入期間、返済方法、金利などを記入した書面を作成し、課税回避することが重要です。さらに「毎月返済している」ことを記録として残すためにも、口座振替を利用することも忘れないようにしましょう。
本来は、親と子の当事者同士が賃貸人と賃借人という関係であることに合意さえしていれば、後は、あくまで当事者間の貸し借りで問題ないのだが、融資対象が住宅資金となると、その金額も大きくなるだけに【税務対策】を怠らないことが求められます。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/47-298ca706

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。