スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/53-bfcfaef7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅購入3倍お得情報サイトトップ >住宅ローン >>住宅ローン収入合算という手
スポンサードリンク

住宅ローン収入合算という手

住宅ローンの借入をいざ融資機関に申請しようとしたら、収入が足りずに融資ができないということが起こる場合があります。住宅ローンの融資額は申請者の収入によって決まりますので、もし低所得だった場合には住宅ローンの借り入れができない場合があります。
このようなときに有効な手段が収入合算という方法です。収入合算なら、申込人の収入に同居人または同居予定の人のどちらか1人の収入を合算して、住宅ローンを申請できるため、必要とされる収入条件を満たすことが可能となります。
収入合算者の条件は各金融機関によって異なりますが、申込人の配偶者や父母、子供などの親族や、婚姻者また、内縁関係にある人、申込人と融資住宅に同居する人等の収入の合算ができます。このときの注意点は収入額の50%以上を合算するときには収入合算者の年齢が住宅ローン完済までに80歳を超えてはい建築設計事務所内ということです。もし、実父などと住宅ローンの収入合算を行う場合、住宅ローンを長期ローンにして、住宅ローン完済時に80歳を超えることがないようにしなければなりません。
収入合算制度を利用するには、同居する収入合算者の公的収入証明書が必要になります。また、収入合算者の職業がパートタイマーやアルバイトで年間所得が103万円以下の場合は収入の安定性などの個別審査を受けることがあります。
なお、収入合算をする時には収入合算者の将来の収入の変動についても充分考慮しなければ住宅ローンの支払が滞ることになる可能性もありますので注意が必要です。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/53-bfcfaef7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。