スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/56-eb68c849

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅購入3倍お得情報サイトトップ >住宅ローン >>住宅ローンを組むときの注意点
スポンサードリンク

住宅ローンを組むときの注意点

現在の日本において従来のように安定した給料がもらえる保証はありません。そのために住宅ローンを組むときは給料が安定的に得られる保証はないという前提で資金計画を立てる必要があります。そこで住宅ローンの借り入れのリスクを最小化するための注意点を紹介します。
金利上昇のリスク
「賃貸マンションの家賃並みの支払いで持ち家が購入できます」といったコピーを目することも多いでしょう。しかしこのようなうたい文句を見てあまり考えずに住宅を購入してしまう人もいるようですが、広告のプランの住宅ローンは変動金利、固定金利選択型のローンによってシュミレーションされているケースが多いので注意が必要です。
もし変動金利住宅ローン、固定金利選択型住宅ローンで長期の住宅ローンを組んだ場合、金利上昇のリスクが懸念されます。変動金利型住宅ローンは短期プライムレートに1%上乗せしたものが適用され、固定金利選択型住宅ローンは市場金利全体を参考にしてきめられるのですがこれらは市場金利の変動によって上下します。
ただ、実際の住宅ローンの金利変更は半年に1回で金利の上昇時も上限が決められておりそれほど大幅に変動はしませんがそれでも長期の上昇局面には徐々に金利上昇の負担は増加していきます。ですので変動金利型住宅ローンや短期の固定金利選択型住宅ローンを組んでいる方は今後の金利動向に十分注意し、本格的な金利上昇に入りそうになったら長期固定金利住宅ローンに借り換えるなどの対策を講じるべきでしょう。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/56-eb68c849

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。