スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/6-f020d2b1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅購入3倍お得情報サイトトップ >住宅ローン >>住宅ローンに必要な諸費用
スポンサードリンク

住宅ローンに必要な諸費用

住宅購入時に借りる住宅ローンの借り入れの費用が結構高くつくことがあります。主な費用としては住宅ローン契約時における事務手数料や税金、そして万が一返済できない場合の保険料などです。きちんと理解して削れる費用は削りましょう。
さて、ローン組む際の費用の内訳ですが、【手続きに必要な費用】【保証料】【保険料】の3つに分けられます。最近では、公庫融資やフラット35など、保証料を不要とする住宅ローンも増えてきていますので検討時に費用についても確認するようにしましょう。
住宅ローン借入時に必要となる費用
印紙税(印紙代) 売買契約書と金銭消費貸借契約書に貼り付ける。金額は借入金額によって違う。売買契約書の場合は軽減措置があり(平成17年3月31日まで)若干安くなっている。
金融機関への事務手数料 金融機関によって金額が異なる。住宅金融公庫の場合が中古住宅購入が36,380円、新築の場合が48,510円となっている。
土地・建物の登録免許税 抵当権設定を登記する際に必要となる。借入金額×税率で計算するが、公庫の場合はかからない。通常は0.4%となる。
司法書士への報酬 上記の抵当権設定を登記する際に必要となる費用。3万~6万円程度。遠方の場合、交通費が必要となることもある。
保証料 債務者が住宅ローンを支払えなくなる場合に備えて保証会社に保証を依頼した場合に必要となる。保証料は借入額と返済期間によって決定される。
団体信用生命保険料 ローン借入者が、死亡等の理由で返済不能になった時、残債を支払うために加入する生命保険の保険料。保険料は借入金額と返済期間にて決定されるが、扱いは団体扱いとなるため保険料は一般の生命保険より安く設定されている。住宅金融公庫は任意加入だが、民間金融機関加入は強制が主流。保険料はあらかじめ金利に上乗せされる場合や銀行負担が多い。生命保険料控除の対象にはならない。
火災保険料 民間金融機関の中には加入が任意の場合もあるが、一般的には加入する人が多い。保険料は建物の条件によって大きく異なる。また、火災保険のみでは地震を原因とした火災は保険対象外のため最近では、地震保険や家財保険へ加入する例が多い。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://juutaku11.blog109.fc2.com/tb.php/6-f020d2b1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。